白髪染めの豆知識

白髪染めトリートメントは黒髪も染まる可能性がある!

白髪染めトリートメントは髪の色を抜かずに上から色をのせることで白髪染めするものです。

なので色が元から暗くて真っ黒な黒髪は染まりません、上に色がのっても元が暗すぎて変化が見えないというわけです。

ただし、たとえば利尻ヘアカラートリートメントのブラックなんかはかなり暗い青黒に染まるため、地毛がその色より明るいともっと黒く染まります。

同じように、髪が細くて色素が薄い人の場合だと白髪染めトリートメントのダークブラウンといった焦げ茶で染めても地毛部分まで暗くなる可能性があります。

また、白髪染めトリートメントは髪が痛んでいるとより色が濃く入りやすいため、毛先が痛んでいて色が抜けている場合も暗く染まる可能性があります。

地毛の黒髪は明るくできないのが白髪染めトリートメントですが、塗る色よりも明るい部分があれば「黒髪だろうと白髪だろうと染まる」ということですね。

白髪染めトリートメントのブラックで染めるときは要注意

白髪染めトリートメントのブラックは各商品によって暗さが異なるので、地毛の黒髪が明るめの人は気を付けてください。

たとえば利尻ヘアカラートリートメントのブラックは濃い青黒に染まりますし、LPLPのソフトブラックは茶みのある柔らかい黒に染まります。

地毛の色が黒い人は利尻を選んで、地毛が少し明るめの人はLPLPを選ぶというように、自分の黒髪に合った色を選びましょう。

口コミがよかった白髪染めトリートメントを現役美容師が徹底比較しました!
※プロ用の人毛毛束に染めて比較

⇒【厳選】白髪染めトリートメントBEST3|現役美容師が毛束に染めて比較した口コミ

白髪染めトリートメントとは?

白髪だけを染めながらトリートメントもしてくれる製品で、安くて手軽にキレイに白髪染めできるのがポイント!さらにトリートメント成分で、使うたびツヤ髪に近づきます✨