白髪染めの豆知識

白髪染めトリートメントで緑色に染まった?考えられる原因を美容師が解説!

白髪染めトリートメントで緑色に染まったという報告がネット上にちらほらありますが、可能性としては0ではありません。

光で染まるタイプのカラートリートメントには硝酸銀が含まれていて、染めた後にパーマをするとパーマ液と化学反応して緑色に発色されることがあります。

また緑は青と黄を足した色なので、たとえば青みが強く含まれている黒染めをした後に、色が抜けてきた状態で黄色が強い白髪染めトリートメントを使うと一時的に緑色に見える場合もあります。

 

よくあるパターンでいうと、利尻ヘアカラートリートメントのブラックは青みがかなり強いので、黄みが強く出ている状態の白髪に染めると使い始めは緑っぽく見えます。

連続使用していけば青が強く入るので黒色になりますが、薄く青みが入った状態だと緑色のように見えるケースは起こり得ることなので注意が必要ですね。

 

ただし光で染まるサンカラーマックスや青みが強いブラックを使わない限りは緑に発色されることはまずないので、さほど心配しなくても大丈夫でしょう。

口コミがよかった白髪染めトリートメントを現役美容師が徹底比較しました!
※プロ用の人毛毛束に染めて比較

⇒【厳選】白髪染めトリートメントBEST3|現役美容師が毛束に染めて比較した口コミ

白髪染めトリートメントとは?

白髪だけを染めながらトリートメントもしてくれる製品で、安くて手軽にキレイに白髪染めできるのがポイント!さらにトリートメント成分で、使うたびツヤ髪に近づきます✨