白髪染めの豆知識

なぜ白髪染めトリートメントは髪や頭皮に刺激がない?痛まないの?

白髪染めトリートメントが髪や頭皮にダメージを与えないのは「通常の白髪染めと成分が全然違うから」です。

通常の白髪染めに入っている刺激性の強い成分の「酸化染料+アルカリ剤+過酸化水素」は1つも入っていません。

違う方法で白髪を染めるため、髪や頭皮に刺激を与えない、ダメージのない白髪染めが出来るようになっています。

白髪染めトリートメントに含まれているのは3種類の染料のみ

白髪染めトリートメントには主に「植物染料・塩基性染料・HC染料」と3つの染色成分が配合されています。

これらは髪の外側にくっついたり、髪表面の隙間から染料が内部に入ることで白髪を染められるものです。

刺激の少ない成分なので1回で完璧に白髪を染めることはできませんが、その代わりに髪を傷めてハリコシがなくなることはありませんし、頭皮に悪影響を与えて薄毛を深刻化させることもありません。

 

対して、従来の白髪染めは髪表面を無理やりこじあけて、内部で化学反応を起こすことで白髪が染まるため、刺激が強くて髪を痛ませたり肌荒れの原因を作ってしまいます。

強い薬剤を使う分だけ1回の毛染めでしっかり濃く染まりますが、髪や頭皮へのダメージは避けて通れないわけです。

 

白髪染めにはいくつか種類がありますが、どれも長所や短所が違っていて「完璧な白髪染め」と呼べるものは1つもありません。

自分が希望している仕上がりや手間・時間や金銭的負担を考えて、一番合っているものを選んでくださいね。

 

口コミがよかった白髪染めトリートメントを現役美容師が徹底比較しました!
※プロ用の人毛毛束に染めて比較

⇒【厳選】白髪染めトリートメントBEST3|現役美容師が毛束に染めて比較した口コミ

白髪染めトリートメントとは?

白髪だけを染めながらトリートメントもしてくれる製品で、安くて手軽にキレイに白髪染めできるのがポイント!さらにトリートメント成分で、使うたびツヤ髪に近づきます✨