白髪染めの豆知識

白髪染めトリートメントで風呂が汚れない商品なんてない!すぐ洗い流すが鉄則!

「白髪染めトリートメント 汚れない」で検索している人がたくさんいるようですが、残念ながら汚れない商品なんてありません…!

イオンうんぬん~と書いてあって肌や髪以外には染まりにくくしてある商品もありますが、それでも浴槽や洗面所についたら中々とれません。

もちろん手についたまま時間が経ってしまってもとれませんし、爪ががっつり染まったらしばらく色付きになってしまいます。

 

染めるときは手をしっかり濡らして塗ってすぐ泡で洗い流したり、最初から手袋をつけて染めましょう。

周りに飛び散ったらすぐシャワーで洗い流して、色が残った箇所は洗剤+スポンジでこすりましょう。

陶器やホーローのような素材のバスタブや洗面所であれば比較的簡単に汚れはとれますが、壁紙に飛び散ったときは大至急拭き取ることをおすすめします。

手やお風呂が汚れない白髪染め=髪を染める能力がないに等しい

余談ですが、白髪染めトリートメントは染料を髪の表面にくっつけて白髪を染める作りになっています。

化学反応を起こして髪色を変化させるわけではないので、普通に絵具のようなイメージと同じです。塗ったとこが染まるんです。

ですので、手や風呂が汚れないのに髪だけは染まる…なんて魔法のような商品はありませんし、もし存在したら「白髪染めの力はない」のと同じです。

【追記】

額に色がつくのを避けたいなら、軟膏やコールドクリームのような油性物質を際に塗っておくと、カラー剤をはじいてくれるので染まらずに済みますよ。

ただし髪についてしまうとその部分は染まらなくなってしまうので気を付けてください。

 

口コミがよかった白髪染めトリートメントを現役美容師が徹底比較しました!
※プロ用の人毛毛束に染めて比較

⇒【厳選】白髪染めトリートメントBEST3|現役美容師が毛束に染めて比較した口コミ

白髪染めトリートメントとは?

白髪だけを染めながらトリートメントもしてくれる製品で、安くて手軽にキレイに白髪染めできるのがポイント!さらにトリートメント成分で、使うたびツヤ髪に近づきます✨